HOME 〉 工法フロー

工法フロー

MLR工法(Eタイプ)

工法フロー(Eタイプ)

施工現場に機材を搬入するなど工事の準備。
マンホール内の酸素濃度及び有毒ガス濃度を測定し、
必要に応じて換気設備を設置する。

高圧洗浄で、腐食している劣化部分を除去した後、
足掛け金物を切断する。
必ずアルカリ性を復元させるアルカリ付与材を塗布する。

MLRモールド‐Eをマンホール内に挿入・設置し、専用押さえ冶具にて固定する。注入樹脂が漏れないように、モールドの下端部をMLR水中硬化エポキシパテで、ジョイント部をMLRシリコーンでシールする。

電動の専用注入ポンプにて注入樹脂を、モールドとマンホール壁面との隙間に注入。専用注入ポンプにより、主剤・硬化剤は重量比で7:3に自動計量され、専用ミキシングノズルによって注入直前に混合 され、注入。硬化時間は25℃で、約30分と、早く、効率的。

注入樹脂が硬化後、上端部をMLR水中硬化エポキシパテにて仕上げ処理を行い、必要に応じて足掛け金物を設置する。

後片付け清掃後現場を開放する。