HOME 〉 各種試験データ

各種試験データ

各種試験データ)

強度復元の検証

JIS A 1106(コンクリートの曲げ強度試験方法)を用いまして、MLR工法を施工したコンクリートと、コンクリート単体の曲げ強度を比較してみました。
横軸は、コンクリート単体の厚みと、MLR工法を施工した全体の厚みを現しています。
縦軸は、それぞれの最大加重を現しております。

強度復元の検証
強度復元の検証
項目 単位 規格値
MLR注入樹脂
圧縮強度
MPa 60
下水道用鉄筋コンクリート製
組立マンホール
JSWAS A-11(2005年)
圧縮強度
MPa 25

コンクリート単体で100mm厚の最大加重は、約15,000Nで、コンクリート厚60mmにMLR工法を施工した全体圧68.4 mm(60+2.4+6)の最大加重は約25,000 Nと、より安全サイドの数値です。
よって、腐食が進みコンクリート厚が60%になっても、MLR工法を施工することで、曲げ強度では十分に耐えうると推定できます。
使用しているMLR注入樹脂単体と、一般のコンクリートの圧縮強度を比較してみました。
MLR注入樹脂の圧縮強度91.1 N /mm2 は、一般のコンクリート規格値の2倍以上を有します。

水密性の検証
外水圧水密試験により、MLR施工品は外水圧0.1MPaに耐えることが実証されました。
これにより、施工後の侵入水の侵入防止ができます。
項目 試験結果
外水圧(MPa) 0.1
試験時間(min) 0.1
漏水の有無 0.1
水密性の検証
耐薬品性の検証

MLRモールドの耐薬品性は、日本下水道協会発行のJSWAS K-2の規格と日本下水道事業団発行のマニュアルに準拠して評価した結果、防食被覆工法の腐食環境下における耐薬品性規格を満足する性能を有します。

JSWAS K-2 浸せき試験
試験液の種類 規格値
蒸留水 質量変化率
(0.3%以下)
塩化ナトリウム水溶液(10w/w%)
硫酸(30w/w%)
硝酸(40w/w%)
水酸化ナトリウム(40w/w%)
JS指針浸せき試験
試験内容 規格値
耐酸性試験
10%の硫酸水溶液に60日浸せき
ふくれ、われ、
軟化、溶出なし
耐アルカリ性試験
水酸化カルシウム飽和水溶液に
60日浸せき
ふくれ、われ、
軟化、溶出なし
水密性の検証
MLR注入樹脂とコンクリートとの接着性は、日本下水道事業団発行のマニュアルで示される品質規格に準拠します。
試験項目 単位 規格値
接着強度品質規格
(注入樹脂/モルタル)
標準状態 MPa 1.5以上
吸水状態 1.2以上
水密性の検証
水密性の検証

MLR工法施工後、15年経過したマンホールの、追跡調査を行い、強度、防腐性、接着性共に、問題ないことを確認しております。

強度復元の検証
水密性の検証